現役高校生露結あずさの生い立ちと経緯、今の信念を語る。

こんにちは。このページでは私が仏教に出会うまでの経緯と、今の信念を書いていきます。

それではさっそく行きましょう!

両親の離婚

話は小学生3年生から始まります。

両親は毎日怒号を浴びせ合い、その中で生活していました。

何かあれば互いを責め合い、その度に緊張が空気を支配する。

当然家では居心地が悪く、かといって友達もいない。

そしてたまに八つ当たりされることもありました。

自覚はしていませんでしたが、どんどん心が歪んでいったと思います。

今ではいけないことをしたと反省していますが、同級生に嫌がらせをしてしまったこともありました。

授業中に1人廊下に呼び出され、1時間近く説教されたのははっきりと覚えています。

そして母親にも連絡が行き、すぐに2人でその人の家に謝りに行きました。

それからは嫌がらせをすることは無くなりましたが、心の中に何か引っかかるものがあったのです。

楽しくもない授業を嫌々受け、家に帰ると居心地の悪い毎日。

そんな日常に嫌気がさしていました。

そしてあるとき、突然両親が離婚することを聞きました。

そのときはまだ理解力がなかったのでこれから何が起こるかはわからなかったですが、どんどん周りの状況が変わっていくのを見てようやく気づきました。

調停ということも当時はわからなかったですが、両親が足しげく裁判所に通っていたのは覚えています。

新天地でも上手くいかず

そうなると片方の親に引き取られることは必然ですよね。

私の場合は母親ではなく父親に引き取られました。

母親のほうに子供を育てる能力がないと判断されたためです。

そして、私と父は家を出ていくことになりました。

寄りついた先は祖母の家です。

両親のけんかが無くなったので、新しい土地で心機一転頑張ろうかと思っていたとき。

転校した先の小学校ではなじめませんでした。

当然ですね。

すでにクラス内でもグループが形成されていて、そこに乗り遅れた私は気づけばまた孤独になっていました。

明確な目的もなく、ただただ授業を受けるだけの毎日。

そんな日々に、いつしか自分の人生の意味に疑問を持つようになりました。

ですが、ここで1つの出会いがあったのです。

有名中学を志す

あるとき、同級生から中高一貫校というものの存在を聞きました。

中高一貫校というのは中学と高校が一緒になっている進学校で、優秀な人たちが集まってくる場所ですね。

東大合格者を何人も出している学校です。

それを聞いて、中高一貫校なら自分と合う人がいるのではと思い勉強を始めました。

中学受験というやつですね。

その学校は倍率が7倍ぐらいだったので、「勉強しなきゃ受からないぞ」と言われ猛勉強しました。

学校から帰ればすぐに塾に行き、土日も家か塾でひたすら勉強していました。

超分厚い過去問集を買ってきて、片っ端から解いていましたね。

ですが、そのときは「合格する」というのが目的だったので心は楽だったと思います。

周りと比べてかなり遅いスタートでしたが、逆に短い間ということで集中できたとも思います。

そのかいあって結果は無事合格でした。

しかし、問題は受かってからですね。

冴えない中学校時代

目的が合格することだけになっていたためか、その後一気に勉強へのやる気を失いました。

燃え尽き症候群とも言われるそうですね。意外と多いらしいです。

私もそうなってしまい、達成感と同時にむなしさが襲ってくる感じがありました。

入学する前まではまだ期待感でいっぱいでしたが、いざ入学してみるとあまり期待通りの場所ではありませんでした。

ストレートに言えば、大した場所ではなかったということですね。

冴えない授業も変わらず、距離が遠くなったので通うだけでも疲れていきました。

表面的な付き合いの友達は何人かできましたが、深い付き合いは経験することはなかったですね。

経験したことがある方ならわかるかもしれませんが、2人で話していても別の人が現れるとそっちのほうへ離れてしまうのです。

その度になんだか悲しくなっていました。

そして勉強へのやる気もどんどん下がっていき、成績も落ちていきました。

英語だけは理解がすごく進んでいて逆に授業がつまらなく、他の教科はわからなくて授業がつまらなかったです。

これだともう学校に行く気力がなくなっていきますよね。

それでも、せっかく勉強して入った学校なのでなんとか通い続けていました。

好きな人ができた

しかし、席が近い人で明るい人がいました。

第一印象はただうるさいだけだと思っていたのですが、少しずつ話していくうちに意外と面白い人だなと思ってどんどん話すようになりました。

するといつの日か恋に落ちてしまったのです。

ちなみにこれが初恋です。

そこからはあっという間にLINEを交換し、毎日話すようになっていきました。

好きな人と他愛もない話で盛り上がるのが私の生きがいでした。

しかし、学校になじめなかったことに変化はなかったです。

特に長い昼休みの時間は友達がいなくて苦痛でしたね。

昼ごはんも1人で食べ、図書室でとりあえず立ち読みして時間をつぶす。

そんな毎日でした。

学校が嫌でうつに

どんなに好きな人がいたとしても、片想いのままでした。

しかも学校が嫌いなことに変わりはなかったです。

体は正直で、どんどん拒否反応を出し始めていました。

  • 朝起きるとすごくだるい。
  • 日中も気力が出ない。
  • 食欲があまりない。
  • 布団に入ってもすぐに寝れない。

こんな感じで食事と睡眠から乱れ始め、そこからは一気に気分が落ち込んでいきました。

そこで、気分をなんとか上げるために出会ったのがエナジードリンクです。

駅の自販機でたまたま押し間違えで買ってしまったレッドブルから始まりました。

最初はめちゃくちゃマズく思わず捨ててしまおうかと思いましたが、なぜかクセになる味に何回か買いました。

そして気づけばレッドブルでは満足できず、最上位クラスのモンスターM3を1日5本飲むまでになってしまったのです。

モンスターM3というのは通常のモンスターの3倍濃縮なので、M3を1日5本飲むというのはモンスター15本分に相当します。

そもそも普通のモンスターでさえ大量のカフェインが入っているので、ものすごい量のカフェインということですね。

もちろん、そこまで大量のカフェインを摂取すれば体の調子が狂っていくのは目に見えています。

下手すればカフェイン中毒で死んでいたかもしれません。

これも一種の自傷行為だったのかなと今では思いますけどね。

今でもM3が好きですが、今では1本飲んだだけで気持ち悪くなるので小分けにして飲んでいます。笑

それで、そんなことを繰り返せばどんどん狂っていくのは明らかですよね。

気づけばM3を買うために色々な同級生からお金を借りていました。

当然信用を失い、先生からも呼び出されました。

白い会議室の中で、先生と1対1での面談。

そこでお金を返さなければ大変なことになると言われたので、慌てて家中のお金をかき集めて返済しました。

となるともうM3とは縁を切らないといけないですよね。

というよりお金がなかったので買えませんでした。

すると体中が禁断症状を起こし始め、ついにはうつ病になってしまったのです。

精神科で絶望

この頃にはもう生きる気力さえ失っていました。

そこで行くことになったのがある精神病院。

見た目だけはホテル並みにきれいでしたが、肝心の診察で打ちのめされました。

医師は一度も私の目を見てくれず、ひたすらパソコンの画面だけを見続けていました。

そして私の話を必ずさえぎり、否定してきました。

  • 「それは違う。君のせいだ」
  • 「ただの思い込みだよ。君は何も分かっていない」
  • 「はいはい。薬出しとくから」

人間として扱われていないような思いがして思わず泣きそうになりました。

そして私を部屋から追い出し、私は1人で30分以上待合室で待たされました。

うつ病を治しにやってきたのに、逆にうつ病が悪化するような仕打ちです。

このようなことがあってからは家に閉じこもるようになってしまいました。

仏教を知る

やがて学校から離れている間に、少しずつうつ病の症状が治まってきました。

しかし、依然として心の中の闇は消えないままです。

そのときでも体の症状は治まってきていたのですが、心にはまだ暗い闇で覆われているような感覚がありました。

暗闇をたった1人でさまよっているかのような、そんな感覚です。

行き場もなく、ただただ死なないように命をつなぎとめる毎日でした。

そんなとき、ふと「生きる意味」と検索しました。

すると数あるサイトの中から、たまたま仏教について書かれているサイトに出会うことができたのです。

そこには「仏教の教えを学べば生きる意味がわかる」とありました。

まさに自分の求めている答えがあるのではないかと思いましたが、同時にだまされたらどうしようという気持ちもありました。

今までのつらい経験を思い返し、行動を起こす道よりも行動せずに留まる道を選んでしまったのです。

失恋で絶望

少し時間が経ち、流石に学校に行かないとまずいかと思い久々に学校に行きました。

すると意外にもあまり反応がなくがっかりしました。

ですが好きな人も依然と同じように接してくれたのが嬉しかったです。

そしてたまたま、途中まで好きな人と一緒に帰ることができました。

そこでいい雰囲気になったので、思わず遠回しに告白をしました。

ですがそのときはバレずに終わりました。

が、翌日になって気づかれてしまいました。

そしてLINEにひとこと返事がありました。

「ごめんなさい。あなたは恋愛対象じゃないので付き合えません」

ストレート過ぎますよね。

でも変ににごされるよりかはまだ良かったのかなと思います。

ですが、そのときはいけると思って告白したのでかなり予想外でした。

数分してようやく言われたことの本当の意味を理解した私は電車の中でうなだれてしまいました。

そしてその瞬間、生きる意味を失ったかのような気分に逆戻りしてしまったのです。

せっかくメンタルが回復しようとしていたのに、これでは逆戻りですよね。

そしてそのまま、私は終点までうなだれたままでした。

仏教を学ぶ決意

ですがそのとき、仏教のことが頭の中をよぎりました。

初恋もさんざんな結果に終わり、自分の生きる意味は仏教にしかないと思ったのです。

本当に人生を変えるなら仏教を学ぶしかない。

そう思った私は、先生にメールして仏教を学びたいことを伝えました。

すると、先生から返信がありました。

私に直接仏教を教えてくださることになったのです。

手に入れた世界

初めのうちは内容がまだ理解できていなかったので、そこまですごいものだとは感じていませんでした。

ですが教えの内容をどんどん吸収していくと、いろんなことがわかってきました。たとえばこんな感じのことです。

  • 自分の生きる意味とはなんなのか。
  • なんで自殺しちゃいけないのか。
  • 苦しみの根本原因とは何なのか。
  • なんで人生は苦しいのか。
  • 本当の幸せとは何なのか。
  • 幸せになる方法。
  • つらいときにはどうすればいいのか。
  • 人と上手く付き合うための考え方。
  • 関係を長持ちさせる方法。
  • 怒りを抑える方法。
  • ねたみを抑える方法。

こういうことがわかってくると、不思議と心が前向きになっていくんですね。

何よりも自分の生きる目的がはっきりしたというのが大きいです。

それがわかってからは自分の人生の価値が明確になりました。

これも私に仏教を伝えてくれた先生のおかげですね。

先生とは今でも週1回直接話をさせてもらっていますが、とても感謝しています。

今の信念

…と、私の経歴はこんな感じですね。

自分で見返してみてもかなりつらかったなと思いますね。

ですが、もしかしたら今このページを読まれているみなさんは昔の私以上につらい状況にいるのかもしれません。

事実、そういう人たちが世の中にはいっぱいいます。

  • 学校でいじめられて追い詰められている。
  • 家族と上手くいかずにつらい。
  • 家族に虐待されていてつらい。
  • うつ病になって苦しい。
  • 生きる意味がわからない。
  • 自分の存在価値がわからない。
  • 自殺したい。
  • なにか不安な心が常にある。
  • なんとなく気持ちが前向きにならない。
  • 理由はわからないけどつらい。

他にもいろいろな理由があると思いますが、誰しもが悩みを抱えています。

私も過去にはすごく辛い時期がありました。

ですが、たまたま仏教との縁があって今に至っています。

もし仏教に出会っていなかったら、あのまま自殺してしまっていたかもしれません。

そういう意味では自分の決断を後押ししてくれた失恋にも感謝しています。

そういう経験があるからこそ、今度は自分がつらい人たちに仏教の教えを伝えられたらどれだけすごいことかと思うのです。

自分は仏教と出会わなければ絶対救われませんでした。

他にもそういう人がいっぱいいるはずですよね。

生きる意味に悩んでいる人、自殺を本気で考えている人、精神的に追い詰められて崩壊しそうな人。

他にも特につらいことはないけどなんとなくつらい、という人もいるはずです。

そういう人たちの助けになれればどれだけすごいことか、私には想像しかできません。

でも私のように、これからも多くの人が仏教の深い教えに出会って人生を変えていくはずです。

なので今回私はこのブログを立ち上げ、昔の私のような人の助けになればいいなと願っています。

また、単純に私が友達がほしいのも理由です。笑

実は先日、仏教を学びたいという1人と友達になりました。

すると今までの孤独な世界が変わったかのような感覚でした。

どうせ同じ道を行くのなら人数が多いほうが支えになるし、心も明るくなりますよね。

なので私ももっと多くの人と友達になりたいと思ってこのブログを立ち上げました。

まとめると、

  • 苦しんでいる人の助けになりたい
  • 同じ道を行く仲間がほしい

これが私の信念です。

偽善だとか言われるかもしれませんが、私はこのプロジェクトでお金を集める気は一切ありません。

うざい広告があふれていたら私の本気が伝わらないですよね。

なので無収入なのは覚悟しています。

私はただ本当の仲間がほしいだけなので、そんなことはどうでもいいです。

なのでみなさんの中から1人でも私の信念に共感してくださる方がいれば、それほど嬉しいことはありません。

この記事のまとめ

もしかしたらみなさんとは長い付き合いになるのかもしれません。

このページをここまで読まれているという時点ですごいですからね。笑

仏教でいうと縁があるということなのかもしれません。

なので私はこの出会いを大事にしていきたいです。

もし何かわからないことや話したいこと、聞いてほしいことがあればいつでも連絡をください。1つ1つ心をこめて返信します。

こちらがお問い合わせページです。

連絡先はこちらです。このページでは色々な方法で管理人に連絡を取ることができます。みなさんに合った方法をぜひ使ってみてください。 誹謗中傷には一切返...

それでは、今日はこの記事をここまで読んでくださりありがとうございました。

追伸:無料プレゼントあります!

ブッダが明らかにした「生きる意味」を2週間で解説する無料のメール講座をはじめました。

「生きる意味」をひもとくメール講座の詳細はこちら。みなさんは本当の「生きる意味」って知ってますか?私たちは苦しくなるとついつい「こんなんじゃ生まれてこなければよかった…」と思ってしまいがちですが、そんな人生にもちゃんと価値があるんですよね。それを現役高校生が仏教の視点で明らかにします。...

よければどうぞ。

この記事のURLとタイトルをコピーする