無料プレゼントが受け取れます。

↓「本当の生きる意味が1時間でわかる本」が今すぐ読めます。

 

この本を読んでわかること
  • どうして苦しくても自殺しないで生きなきゃいけないの?
  • 本当の苦しみの原因である「無明の闇」って一体何?
  • 本当の生きる意味っていつ達成できるの?

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください↓




ここで預かったみなさんの個人情報は外部には一切漏らしません。

心配ごとがあれば気軽に連絡できます。

それではなぜ私がこのメール講座と本を書いたのか、私の信念を書いていきますね。

自殺未遂の経験

中学生のころ、私は生きる意味を見失って自殺未遂をしました。

きっかけは好きな人に告白して振られたこと。

電車にはねられて死のうと毎日思っていました。

「今あの電車にひかれたら楽になれるのかな…」

でもそれは叶いませんでした。

生きる気力もなければ、死ぬ気力もない。

そんな日常が嫌で消えてしまいたかったです。

↑東京にある自殺の名所。今はホームドアがついています。

学校に行っても何もやることないし、家でもやりたいことがない。

ただ自分のやりたくないことだけを押し付けられてそれを消化するだけで精いっぱい。

もうそんな現実は嫌でした。

まだ10代なのに、自分の未来にも希望が持てない生活。

さっさと死んでしまいたいといつも思っていました。

自傷行為もよくしていました。

特にモンスターM3というエナジードリンクを一気に飲んで吐きそうになったことは今でも覚えています。

そんなときにある1つの出会いがありました。

ある1つの出会いで人生が変わった

うつ病で心身ともに疲弊していたとき、あるブログと出会いました。

どんな人にも生きる意味はある。

どんなに苦しくても達成しないといけない目的が人生にはある。

人生が苦しくなる本当の原因がある。

誰でも本当の幸せを手に入れることができる。

こういうことを言っている仏教のブログでした。

私は前から宗教に対して「洗脳された人が集まってる」と思っていたので最初は半信半疑でした。

受け入れられないことも多くあったと思います。

ですが「生きる意味」を必死に探していた私にとって、他のブログにはないなにかの魅力を感じました。

「生きる意味がある」という強いメッセージに惹かれていったんですね。

私は今まで、苦しいだけの人生から抜け出すには自殺しかないと本気で思っていました。

死ねばすべて解決する。

死んだら終わり。

生きてる間は救われない。

ずっとそう思って、自分をこの世に産んだ親を毎日恨んでいました。

自分をこんなふうにしたのは全部親のせい。

そもそも生まれてこなければよかった。

どうせ死ぬなら今死んでも変わらないじゃん。

本当にこんな思いでいっぱいでした。

ですが仏教の教えに触れていくにつれて、段々と考えが変わっていったと思います。

自分の姿をそのまま言い当てているような、真実に近い感覚もありました。

特に印象に残った話は飛行機のたとえ話ですね。

太平洋の上空をある飛行機が飛んでいた。

しかしこの飛行機は着陸する空港がわからないまま飛び立ってしまった。

乗客は機内食のグレードやよりグレードの高い座席の取り合いばかりしていて、自分たちがどこに向かっているのかわかっていない。

そして時が過ぎ、こんなアナウンスがされた。

「みなさま、当機は残り燃料わずかですが着陸できる空港が見つかりません。

1時間後には飛べなくなるでしょうが、それまで空の旅をゆっくりとお楽しみください。」

そのときになって初めて乗客は慌てだした。

人は死ぬ間際になって初めて自分の行き先が不安になってくる、という話です。

それまではみんな美味しい食べ物や恋愛とかお金に興味があって、生きる意味とか人生の目的といったものには興味がないという意味ですね。

思えば私の周りの人たちも「どうやって生きるか」しか考えていなくて、そもそも「どうせ死ぬのになんのために生きるか」というところまで目を向けられる人は少なかったです。

なのでここまで詳細に自分の実態を言い当てられたことにかなり衝撃を受けました。

自分の人生観と価値観が急に広がったような感覚です。

それから仏教の教えを真剣に吸収するようになって現在の信念に至ります。

苦しいだけでむなしい人生と決別する

これが私の過去の話ですが、今でもまだ実感がありません。

自殺しようと毎日考えていたうつ病の廃人が2年くらいで自分でブログを立ち上げ、苦しんでいる人たちの助けになりたいと思うようになりました。

自分で言うのもなんですが、普通はありえないことだと思います。

普通は自殺してしまうか、未遂に終わってもまた何度も繰り返したり病院に強制入院させられたり。

うつ病はそれくらい怖くて、一度落ちてしまうとなかなか復帰できません。

できたとしても10年や20年はかかると思います。

しかも表面的な復帰、です。

ですが私はそういう心の病から1年以内に心も回復して、今ではこうして活動しようと思うようになれました。

いかに私のケースがレアなのかわかってもらえるでしょうか。

それくらい私が仏教の教えに出会って変わったことは大きいです。

苦しいだけでむなしい人生と決別する。

今気持ちが暗くて苦しい人も、そうじゃない人も人生の本質を詳しく知ることが重要なのかもしれません。

特に自分の「生きる意味」を知ることは最も重要です。

生きる意味なんて誰も教えてくれない

仏教には特に「生きる意味」ということが詳しく教えられています。

苦しい出来事が立て続けにやってくる中で、生きる意味を見失った人も多いと思います。

そういう人にブッダ(仏教の開祖)はこう言っていますね。

誰も本当の生きる意味なんて知らない。ただ仏教にだけが本当の生きる意味を明らかにしている。

かなり強烈で独善的だと思われるかもしれません。

どうしてもブッダって優しいイメージだからそう思われるかもしれないですね。

ですが、これはそれほど強い自信の表れだと言ってもいいと思います。

生きる意味を知らずにさまよっている人が多いなかで、「仏教には本当の生きる意味がある」とブッダは言っています。

だから今でも多くの人がブッダに惹かれ、仏教に興味を持つのかもしれません。

私もそうでした。

以前はスピリチュアルや瞑想やキリスト教、新興宗教などの記事を読んだり本を読んだり話を聞いたりして転々としてきました。

ときには学校帰りに大型書店で立ち読みして色々な哲学の本を読んだり、思想宗教の本もパラパラめくっていました。

ですがどの答えも表面的で全く救いにはなりませんでした。

「死んで霊界に行くために徳を積むのが生きる意味」とか、「アルマゲドン(世界の終末)の後の楽園に生まれるために神を信じるのが生きる意味」とか。

生きている間は全く役に立たなくてなんの答えにもなっていないですよね。

そんな中で「本当の生きる意味がここにはある。しかも生きている間に達成できる」と宣言しているのは、私が聞いてきた限り仏教だけです。

だからこうしてブログでも仏教の教えを伝えるようになったんですね。

学校でも「生きる意味」なんて教えてくれないし、人に聞いてもよくわからない。

そんなむなしい現状を仏教の教えが変えてくれると私は思っています。

でも、仏教というと宗教だから嫌だという方もいると思いますね。

仏教は怪しい?

こう聞くと「また宗教か。もううんざりなんだよね」と思う方もいると思います。

過去の私もそうだったのでその気持ちはよくわかります。

かなり前ですが、オウム真理教という宗教団体が地下鉄にサリンという猛毒物質を撒いて何千人もの死傷者を出したり。

会員たちからお金をむしり取って教祖や幹部だけが設ける団体があったり。

こういうのを聞くと不安になりますよね。

しかも今では団体だけじゃなくて、個人でも悪質なサロンを運営してコミュニティを作り、脅迫してお金を儲けているそうです。

スピリチュアルを名乗る人たちも増えてきていますね。

ほとんど金儲けが目的ですが。

こういうのを聞くと不安になるし、仏教にも近づきたくないと思いますね。

ですが少し考えてみてください。

それは悪い宗教団体や個人が暴れまわっているだけであって、仏教自体に罪はないと思いませんか?

実際にブッダのこういう言葉もあります。

私(ブッダ)の目的はすべての人の苦しみを抜き、本当の幸せを与えることだ。

ブッダはインドで活動していた人ですが、そのころのインドではカースト制度がありました。

人々の身分が4つに分けられ、身分が違うと結婚どころか会話すらできないほど厳しいものでした。

女性への差別も激しく、身分の低い女性は奴隷になるしか生きる道がなくて性暴力も当たり前の世界です。

そんな時代の中で、ブッダはすべての人に差別なく教えを説いていきました。

「すべての人の価値は平等だ」と言い、本当の幸せになるための方法も説いていきました。

お金がない人や奴隷のような扱いをされている人、差別されていた女性や違う宗教の人にまで平等に接したんですね。

それで多くの人から支持を集め、仏教は世界3大宗教の1つになるほどの影響力を持つようになったのです。

その仏教の原点を知れば、お金がないからと言って人を差別したりとにかくお金を取ろうなんていう発想は絶対出てこないはずです。

すべての人の苦しみを抜き、本当の幸せを与える。

それが仏教の目的です。

それでは、実際に仏教の教えを知っていくとどんな変化が起きるのでしょうか?

仏教の教えを知っていくとどうなる?

私は3年間仏教を聞いてきましたが、本当にいろいろな変化が起きました。

中でも大きかったのがこの17個です。

  1. 自分の生きる意味がわかった。
  2. 本当の幸せを得る道筋がわかった。
  3. 自殺しようとは思わなくなった。
  4. 生きる希望・気力が湧いた。
  5. 本当に尊敬できる先生と出会えた。
  6. 心から自分の悩みや信念を話し合える仲間ができた。
  7. つらいときでも逆に感謝できるようになった。
  8. 暗い感情が収まって心が軽くなった。
  9. 日常生活でもポジティブになれることが多くなった。
  10. 悲観的になったりむなしくなったりすることが少なくなった。
  11. 心の底から心が健康になった。
  12. 心の支えができてメンタルが強くなった。
  13. 人の悩みや苦しみに耳を傾けられるようになった。
  14. 人間関係が上手くいくことが多くなった。
  15. 悪口を言われてもあまりヘコまなくなった。
  16. 自分が将来何すべきかが明確になった。
  17. 心が晴れて勉強に集中できるようになった。

1つ1つ補足します。

自分の生きる意味がわかった。

これが最も大きいですね。

仏教にははっきりと「生きる意味」が教えられていたので、今までずっと私が悩んでいた「自分の生きる意味はあるのか」ということが一瞬で解決しました。

そこからの人生は自分の生きる意味を果たすために生きています。

本当の幸せを得る道筋がわかった。

これも大きいです。

仏教には「本当の幸せとはどんな世界なのか」そして「本当の幸せになる方法」がはっきりと教えられています。

しかも、誰でも本当の幸せになれると言われています。

これがわかったとき、今までは少しもなかった生きる希望・気力が湧いてきました。

本当の幸せになることが人生の意味・目的になるので、そこに向かって進んでいく人生になります。

自殺しようとは思わなくなった。

生きる意味がわかれば、自分の命の大切さがわかるようになります。

そうなればその命を自ら投げ捨てるなんてもったいないですよね。

なので仏教では、私たちの命がいかに大事かということが口酸っぱく言われています。

そういった仏教の教えが理解できた日から、本気で自殺したいと思った日は今まで一度もありません。

生きる希望・気力が湧いた。

生きる目的がわかれば、そこに向かって進むという目標ができます。

そうなればそこに向かって進むだけなので、いちいち迷う必要はありません。

そして、どんなにつらくてもそこまでは頑張ろうという気持ちになります。

どんなに悪口を言われても、どんなに好きな人と別れても、どんなに苦しいできごとがあったとしてもです。

はっきりとした目的地が心のなかに常にあるので、常にそこを目指して生きていけるようになりました。

本当に尊敬できる先生と出会えた。

これも大きいですね。

私がつらくてどん底にいたときに出会ったのが今の先生でした。

それからは2年半以上、暖かい気持ちで寄り添っていただけました。

この先生の存在も本当に心の支えになりましたね。

心から自分の悩みや信念を話し合える仲間ができた。

これも大きいです。

私の信念に共感してくれた方が1人いるのですが、その方とは同年代なのでいろいろなことを話して、ときには悩みを打ち明け合ったりもしました。

ですが仏教を通して知り合った仲だったので、生い立ちも共通点が多くて話が盛り上がりました。

これも嬉しかったですね。

つらいときでも逆に感謝できるようになった。

これはどういうことかというと、つらいときでも「こういうときこそ腐っちゃだめだな」と思えるようになって仏教と出会ったことに感謝の気持ちが湧いてくるということです。

仏教の教えを学べば学ぶほど、今までの自分の出会いに感謝できるようになりました。

もちろん仏教との出会いだけでなく、支えてくれる家族や友達にも感謝できるようになりました。

暗い感情が収まって心が軽くなった。

前までは心の中を常に闇が覆い尽くしている感覚が続いていました。

でも仏教の教えがわかって自分の生きる意味を知ったとき、そういう暗い感情が一気に引いていく感覚がありましたね。

表面的な部分だけではなく、根本的な部分から自分の心が軽くなった感覚です。

日常生活でもポジティブになれることが多くなった。

前までは人生そのものに意味がないように考えていて、何をやるにしても無意味だと思ってやっていました。

勉強するのも無意味、趣味に打ち込むのも無意味、生きるのも無意味。

そう考えて生きていると、だんだんと自分の存在自体が無意味であるように思えてきました。

ですが今は違います。

自分が本当の幸せになること、そしてより多くの人に本当の仏教の教えを知ってもらうという大きな目標があります。

悲観的になったりむなしくなったりすることが少なくなったなった。

自分の人生に意味があるとわかれば、人生そのものが輝いていきます。

誇張的な表現だと思うかもしれませんが、事実そうです。

価値のないただの石ころは輝きを失っていますが、価値のあるダイヤモンドは自ら輝きを放っています。

それと同じで、自分の人生に価値があるとわかれば自分自身が輝く存在になっていくのです。

心の底から心が健康になった。

最高濃度のエナジードリンク、M3に依存することはなくなりました。

生きる意味がはっきりとわかれば、そんなもので気を紛らわす必要はないのです。

現代はスマホやゲーム、もしかしたら薬物で気を紛らわしている人も多いと思います。

そういう人は自分の目的地がはっきりわかっていないからこそ、そういうもので気を紛らわそうと努力しているのです。

目的地がはっきりと見えているというのは本当に心強いですね。

人の悩みや苦しみに耳を傾けられるようになった。

自分がつらい経験をしてきたのもありますが、それでももっとつらい方はいっぱいいると思います。

前までは自分が一番つらいと思って生きてきましたが、実際はそうではないんですよね。

辺りを見渡せば、自分は恵まれてるなと思う瞬間があります。

仏教では相手に寄り添う大切さが徹底して教えられているのも理由ですが、私がつらいときに多くの人が寄り添ってくれたのも理由です。

それ以来は人の悩みは最後まで聞くようにしています。

人間関係が上手くいくことが多くなった。

仏教には生きる意味や自殺といった深いテーマだけでなく、人間関係の問題を和らげる方法や怒り・嫉妬の感情を抑える方法なども教えられています。

それを素直に実践していったので、人間関係で悩むことは本当に少なくなりました。

前まではイライラしたらすぐ態度に出してしまっていたのですが、仏教を学んでからはそういうことは少なくなりました。

悪口を言われてもあまりヘコまなくなった。

仏教には、暗い感情と付き合う知恵がいくつも教えられています。

なかでも悪口や誹謗中傷をされたときの心の持ちようというのが教えられているのですが、それを意識してからは他人の心ない言葉にあまり振り回されないようになりました。

そうなると心も楽になって、前よりもずっと過ごしやすくなりました。

自分が将来何すべきかが明確になった。

仏教には同時に、自分の将来設計をどうするかという深い問題も教えられています。

1つここで言えるのは、やっぱり周りに振り回されないことですね。

仏教は自分の人生はすべて自己責任であると教えているので、自分のやりたいように進路を組み立てるべきだと言われています。

他にもいろいろなテクニックがあるのですが、そのどれもが現代人に不足しているものです。

心が晴れて勉強に集中できるようになった。

前までは勉強しているときでも、心の中では暗い感情が手放せなかったです。

常に闇に覆われている感じで、常に解決方法を探し回っていました。

有名な表現で言えば、出口のないトンネルをさまよっているかのような感覚ですね。

ですが仏教の教えを理解してからは、心にあった異物がなくなって晴れやかになった感覚になりました。

トンネルに出口が見えた感じですね。

そうなるとあまり余計なことを考えなくて済むので、勉強にも集中できるようになって勉強の質が上がりました。

もちろん、成績も上がっていきました。

…こういう17つの現実が手に入ったんですが、いずれも表面的なものじゃなくて根本的に自分の苦しみが解決されていく感じです。

こういう未来を手に入れる方法も今回のメール講座で全て明らかにしています。

普通のお坊さんや仏教講師が言いたがらない部分まですべて明らかにしたので読むだけで真実がわかるはずです。




Gmailのアカウントがない場合はこちらから作ることもできます。

また、ここで預かったみなさんの個人情報は外部には一切漏らしません。

心配ごとがあれば気軽に連絡できます。

追伸

ここまで読まれたあなたなら、仏教と聞くとどうしても堅苦しくて難しいと思っているかもしれません。

確かに本質的な話が多いので重いかもしれませんが、それは私が仏教の教えを理解しやすいように順番をきちんと組んだので安心してください。

このメール講座の順番のとおりに仏教を学んでいけば必ず理解できます。

それでももしわからなかったら、いつでも私にメッセージを送ることができます。

なので大丈夫です。

しかも嫌になったらボタン1つで配信解除できます。

そこは安心してください。

ただ、このメール講座で本質的な情報を公開しすぎたので他の宗教団体などから苦情や妨害が来るかもしれません。

その場合はこのメール講座をたたまないといけなくなるかもしれないので、こうして情報を発信できるのは今だけかもしれません。

ブログではずっと言えなかった本質的な情報を知りたいと思う方は早めに登録をどうぞ。

それでもまだ不安かもしれない方のために、メンバーから届いている声を載せますね。

みなさんのレビュー

これらの声はほんの一部ですが、他にも続々とレビューをいただいています。

かなり長いのでこちらで飛ばすこともできます。

Azusaさん自身若いので、仏教と共に、現代の音楽や趣味についてもなんでも話せて嬉しかったです。

19才 D Y さん

★★★★★/星5

まず僕は仏教を学びたいと思っていました。

僕もうつ病を経験して、メンタルが不安定だったなか、今までお世話になった人は仏教に詳しく、仏教は心を解説しているということで心の安定が手に入るかもと思ったからです。

僕がAzusaさんと出会ったきっかけは、先生からの紹介があったからです。

僕はAzusaさんと同じ先生から仏教を学び始めたのですが、最初はAzusaさんの存在を知りませんでした。

その後先生の方から同じ世代の人と話したいと言っている高校生がいるということをお聞きして、よければお話ししたいと伝えました。

まずAzusaさんが僕より若くて、それで話しやすかったです。

同じ高校生なのでいろいろな話もできました。

それに正しい仏教の教えと聞いてほんとかなあとおもってるとこもあったのですが、深い内容もどこまでもごまかさずに答えてくれるので、ほんとなんだなと思いました。

Azusaさんがわかんないところは正直にわかんないと言ってくれるし、わかんないところは先生に聞くと答えが聞けるので、うやむやにしないところが信頼できました。

あと、Azusaさん自身、仏教への疑いもあったり自分に悩んだりするということも知れたのが、同じような若者なんだなと思えてよかったです。

Azusaさんのメルマガを読まれている方がどんなことに悩んでいるのかはわかりませんが、僕もうつ病や自殺ということを考え悩みましたが、いろいろと頑張ってきていま話を聞けています。

仏教は本当の幸せになるために教えが説かれているようですが、僕は親と穏やかに話せるようになったり、友達といい関係が続いたり、恋人と感謝しあえるといった現実的なメリットがうれしかったです。

心が安定してきて、ほんとによかったなと思いました。

仏教を学ぶ友達というのは、すごい友達だなと思っています笑

相手を責めないとか、相手の喜ぶことを与えるという教えを学ぶ友達なので、心の支えになります。

実は僕も仏教を学んでから人に発信しようとして、いろいろやろうとしたのですが、思ったよりもエネルギーをつかったり行き詰ったりして、口だけになってしまっていました。

それでもAzusaさんは一切責めることなく、いつも励ましのメッセージをくれたり、解決策を考えてくれたので、うれしかったです。

それはAzusaさん自身がしっかり仏教を理解して、自分の心を見つめているからこそ人には優しくするという態度が身についているのかなとも思いました。

これからも、もっとたくさんの人があつまれば想像を超える楽しいことが起きるのではないかなと思うので、頑張ってほしいです。

Azusaさんは通信制の高校に通っていて実は友達がいないところからのスタートだったと知り、応援したくなりました。

いつかAzusaさんが言ったzoomでのオンライン飲み会もできたらいいなと思っています。(笑)

ただAzusaさんはもう少しお酒を飲めるまで時間がかかるのでモンスターを飲むと言っていましたが(笑)

仏教を学んでいるって、堅苦しくて真面目な人なのかなと思いましたが全然そんなことがなく、むしろ自由な人でした。

これからもお話ししていけるのがうれしいです。これからも応援しています!

自分の進むべき道がはっきりした

10代 I R さん

★★★★/星5

まずは、自分の人生と仏教について、話をしたいと思います。

仏教に出会う前の自分は、いろいろ考えすぎてしまって、人間関係がうまくいかなかったり、不安障害になったりと苦しい時期を、幼少期学生時代と過ごしてきました。

その中でこのままではいけないということで、自己啓発など仏教以外の教えを何とか自分のものにしようと努力した結果、確かに少しは生きやすくなったのですが、依然として人前での不安障害は治らず、生きる意味も分からず何やっても駄目だと途方に暮れていました。

そんな中初めて本当の生きる意味を解かれている仏教に出会ったのはyoutubeで、生きる意味と本当の幸せについて説かれているということに感動を覚え、そこで仏教にのめりこんでいきました。

ですが、youtubeで発信できる情報にも限界があるということなのか、肝心のどうやったら本当の幸せになれるのかというところがわからず、もしかしたらそんなものないのかもと思ってしまって、あきらめかけていました。

しかし、ずっと心のなかにあったモヤモヤを解消するべく、グーグルでたくさん調べた結果azusaさんのブログに行きつきました。

そこにはこれだ!と思わせるような仏教の本質についての内容が盛りだくさん書かれており、そこで生じた疑問点もazusaさんとの対話を通じて解消していくと、はっと、今までの自分の人生は何だったのかという感覚になり、自分の人生、人の一生というのはこのためにあるのかということをはっきりと自覚できました。

そのあとは、今まで悩んでいた自分が嘘みたいで、不安障害もなくなり、生きる希望が本当の意味でみえてきて、メンタルも全く動じなくなりました。

人一倍悩みやすい性格の自分でもここまで変わることができたので、ほかの方であればすぐに変われると思います。

思うに、世の中には自己啓発等いろいろな教えや本などがありますが、本当にいい教えほど安価だったり無料だったりするので、お金も無駄にせずに済むと思います笑

これからは、azusaさんのブログや対話、他の信頼できる先生などを通じて仏教を聞き続けて、本当の幸せになれるように精進していきたいと思っています。

星が一つ少ないのは、azusaさん自身本当の幸せになる途中だということなので、これから一緒に本当の幸せを目指しましょうという期待をこめて一つ少なくしました笑

貴重なご縁をありがとうございます。これからもよろしくお願いします!

こんな素敵なメッセージをいただけてとてもうれしいです。

本当に情報発信を続けてきてよかったと思った瞬間でした。

これからもこういうメッセージをもらえるような、社会に貢献できる情報を発信していきたいと思っています。

そのすべてはこのメール講座で明らかにしたので期待しておいてくださいね。




Gmailのアカウントがない場合はこちらから作ることもできます。

また、ここで預かったみなさんの個人情報は外部には一切漏らしません。

心配ごとがあれば気軽に連絡できます。

再追伸

私がなぜこうして仏教を伝える立場になったのかというと、単純に仲間を増やすためです。

私は中学生のころ、学校でも居場所がなく、家でも小言を言われる生活を送っていました。

そんな日常がどんどん嫌になっていきました。

いじめに近い嫌がらせを受けたこともあったし逆にしてしまったこともありますが、そうやって苦しみながら生きていく意味がわからなかったです。

そんなときに仏教の教えに出会ったんですね。

今思えばすごい出会いだったと思いますが、同時にまだまだ「生きる意味がわからない」という人が多くいることも知りました。

仏教はそんな人たちの力になれると信じているので、これからメール講座のメンバーになってくださった方にはすべての情報を公開していきます。

そして仲間を増やして、一緒にこの信念を叶えたいと思っています。

苦しいだけでむなしい人生と決別する。

それではまたメール講座の中でお会いしましょう。




Gmailのアカウントがない場合はこちらから作ることもできます。

また、ここで預かったみなさんの個人情報は外部には一切漏らしません。

心配ごとがあれば気軽に連絡できます。