人生

人生をやり直す方法?いつだってやり直せるよ。

こんにちは。現役高校生の露結あずさ(つゆゆいあずさ)です。

私にはうつ病の経験があって、そのときは自分の人生に絶望していました。

絶望、というよりかはもはや無気力と言ってもいいかもしれません。

なにも手につかない状態でした。

…そんな状態から今こうして再起できたのはちゃんと理由があると思います。

中でも仏教の言葉に触れたのが大きかったですね。

その「人生をやり直す方法」を書いていきます。

それでは早速いきましょう!

人生に失敗なんてない

まずは大前提から伝えます。

それは「人生に失敗なんてない」ということです。

どんなに大きなミスを犯してしまったとしても、そこから復活できます。

それが人生というものなんですね。

ブッダはこう言っています。

良い行いをした人は必ず良い結果を受ける。

悪い行いをした人は必ず悪い結果を受ける。

自分の行いはすべて自分に返ってくる。

これを因果の道理(いんがのどうり)と言います。

「仏教の根幹」と言われているくらい重要で、ブッダが何度も何度も教えたことです。

これはみなさんの人生経験からもわかるかもしれませんね。

人に親切したり、普段から気づかいをしている人は周りからも大事にされます。

銀行からお金を盗んだ人は、一時期は豪遊できたとしてもやがてそれはバレて刑務所行きです。

すべて自分の行いの結果なんですね。

同じように、大きなミスをしてしまって悪い結果が来てしまったとしても腐る必要はありません。

その後いくらでも良い行いをしていけば必ず再起することができます。

「じゃあその良い行いってなんなの?」と気になると思うのでそれを解説します。

良い行い6つ

これがブッダが教えている6つの良い行いです。

  1. 人に親切したり感謝する
  2. 約束を守る
  3. 苦しいときに腐らない/怒らない
  4. 目標を定めて努力する
  5. 悪いことをしてしまったときに反省する
  6. 因果の道理を信じて生きる

これが6つの特に重要な行いですね。

これを心がければ必ず人生は好転します。

といっても、これを全部やる必要はありません。

みなさんはたぶん今苦しい状況にいると思うので、特に3の「苦しいときに腐らない/怒らない」をするのがいいと思います。

苦しくてつらいときにはどうしても腐ってしまったり、絶望したり怒りを感じたりすることが多いと思いますね。

私もうつ病のときはずっと腐っていました。

なにか小言を言われるとすぐにイライラして家族に八つ当たりしたり、ものにあたったりしていました。

恥ずかしいのであまり言いたくないですが、教科書を引き裂いたりしていました。笑

そんなときにたまたま「苦しいときに腐らない/怒らない」ということをネットで見つけたんですね。

それで「八つ当たりしてもなんにも変わらない」ということを初めて知りました。

頭ではわかっていたつもりだったんですけどね。

というふうに、苦しいときには腐らなければ大丈夫です。

必ず再起できるときがやってきます。

「苦しいときに腐らない/怒らない」というとただじっとしているだけのように見えますが、実はすばらしい行いです。

だからじっと腐らないでいるだけでも人生は好転していくんですよね。

みなさんにもぜひ試してもらいたいです。

*詳しいことはこの記事で書いています。

うつ病を治すためにするべきこと7つ。守るべきルールとは?うつ病つらいですよね。私も経験があるのでわかりますが、気分が下がって本当に何もできなくなったり。あとは寝れなかったり何も食べれなくなったり。つらいですが、うつ病を治すためにはやるべきことが7つあります。効果的な対処法なのでぜひ活かしてみてください。...

ということで結論は「良い行いをすれば人生は好転する」ということですね。

腐らずに地道に生きていけば必ず人生は好転していきます。

ですが、「そんなこと言ってられないよ…。今すぐ人生を変える方法はないの?」という方もいると思います。

安心してください。ちゃんと用意しています。

今この瞬間から人生を好転させる方法を見てみましょう。

今この瞬間に希望を取り戻す方法

じらしても時間の無駄なので単刀直入に言います。

それは「自分の存在の価値」を知ることです。

どういうことなのでしょうか?

たとえば「承認欲求」ってありますよね。

Twitterでフォロワーからのいいねの数を気にしたり、リアルでも人に注目してほしいと思って気を引こうとしたり。

いいねが100みたいに多かったら安心しますが、3とか0だったら落ち込みますよね。

リアルでも友だちに距離を置かれてるかも、と感じたらむなしくなります。

そういう感情ですね。

人からほめられて注目されたいという欲求です。

でも本質的には、私たちは人からほめられて自分の存在を認めたいと思っているんですよね。

自分自身では自分のことを認めることができないから、人から注目されることによって自分の存在をなんとか認めようとしているんです。

というと、自分の存在の価値を知らないからなんとか他人に評価されようとしてしまうんですね。

*承認欲求についての記事。

承認欲求は永遠に満たされないし幸せにもなれない。承認欲求、それはTwitterやSNSでのいいね集めが有名ですね。いいねを集めて自分の存在に価値を感じる。それは自分の存在に意味を感じることができない人の感情です。存在意義がわからないということですね。この承認欲求をなくす方法はあるのでしょうか?...

同じように、本当に自分の存在の価値を知っている人は本当に少ないです。

自分はなんのためにここにいて、そして生きているのか?

その答えですね。

それさえわかればもうむなしさに襲われることはありません。

他人から評価されない苦しみからも解放されます。

そして何より、自分の存在の価値がわかると自分の人生が楽しくなってきます。

今まで無意味だと思っていた人生に意味ができるから当然ですね。

だから自分の存在の価値を知ることがとても大切です。

自分がなんのために生きているのか、さえわかればその瞬間から人生は好転していくんですよね。

もう少し詳しく解説します。

生きる意味

私たちの人生には本当にいろいろな苦しい出来事がやってきます。

特にこの3つですね。

  • 嫌な人やものと会わないといけない。
  • 欲しい人やものが手に入らない。
  • 大切な人やものと別れないといけない。

苦しみにも小さいものと大きなものがありますが、私たちのもとには常に苦しみがやってきます。

つい最近私はパソコンのデータが吹っ飛んで大変なことになりましたが、それも大切なものとの別れですね。

それでも失恋したときに比べればずっとマシでしたが。笑

みなさんもそういうことは経験あると思いますね。

同級生で本当に嫌な人がいていじめられているとか、好きな人になかなかアプローチできないとか。

そういう苦しみが私たちのもとにはやってきます。

じゃあここで聞きますが、そういう苦しい人生ってなんのために生きていくのでしょうか。

「なんのため」というと抽象的ですが、言い換えれば「生きててなにか意味あるの?」ということですね。

「わざわざ無理して生きる必要あるの?」ということです。

本当に私たちに生きてる意味なんてあるのでしょうか?

これが私たちの人生にとって最も大事なことですね。

そして、ブッダはこう言いました。

すべての人に生きている意味がある。

すごいですね。

かなり深い意味がありそうです。

詳しいことはここで解説すると長くなってしまうので、よければこの記事を読んでみてください。

生きる意味はある!現役高校生が人生の価値を語る。仏教に説かれている「生きる意味」って知っていますか?最近は虚無主義や反出生主義といったふうに「生きる意味はない」と主張する人が多いですよね。でも仏教ではそれらは間違いだと明確に言われているのです。じゃあその「生きる意味」って一体何なんでしょうか?...

それでも、私たちに生きる意味があるというのは変わりないですよ。

ぜひ希望を持ってくださいね。

この記事のまとめ

ここまで「人生をやり直す方法」を解説してきましたが、まとめるとこの2つです。

・苦しいときこそ良い行いをしてじっと待つ。

・自分の生きている意味を知る。

この2つを実践すれば必ず幸せな人生を送れます。

ブッダもそう言っているからですね。

特に「自分の生きている意味を知る」というのは即効性があるのでおすすめです。

自分の生きてる意味がわかればその瞬間から希望を持てるようになるので。

だからみなさんも生きている意味が見つけられるといいですね。

それを願ってこの記事を書きました。

編集後記

確かに良い行いをしていくのも大切ですが、それは自分の人生の方向性が定まってからです。

ちまたのビジネス書でも「方向性が間違っていたら全部台無しになる」と言われていますが、まさにその通りだなと思います。

自分の人生の方向性が定まった人だけが未来を見据えることができるし、自分の将来に希望を持つことができます。

だからまずは自分の人生の目的を見つけないといけないんですよね。

それさえできればあとは大丈夫です。

好きなように生きていってください。笑

ちなみにですが、私の信念はこれです。

僕らは苦しいだけでむなしい人生と決別する。

「決別する」といっても自殺するという意味じゃなくて、自分の人生に希望を取り戻そうという意味ですが。笑

では、ここまで読んでくださりありがとうございました。

役に立ちそうな記事を並べておきます。

進路が決められない高校生、本当にそれがやりたいことですか?進路ってなかなか決まらないですよね。進路面談とかいろいろありますが、とりあえず大学行く人が多いと思います。が、そうやって自分の将来が決まらないまま生きていても不安ですよね。そこで今回、自分の進路を決めるために大事なステップを1からわかるまで解説します。...
人生に希望が持てない高校生へ。まずは自分と向き合ってみよう。人生に希望が持てない高校生は多いと思います。受験とか家族の問題とか恋愛とか人生の意味とか…。多感な思春期では特に気分の波がすごいですよね。それでも希望を失ったまま生きるのはつらいので、すぐに実践できる効果的な対処法を集めてみました。...
なんでなんとなくむなしい気分になってしまうのか、その原因。なんとなくむなしいとかつらい、人生そのものがくだらないと思ってしまう人は少なくないですね。特に思春期の中学生や高校生はつらいこととか変化もたくさんあるので、メンタルもどんどん弱って大変なことになってしまいます。そこでその対処法を紹介します。...
[高校生]自己肯定感を高める方法。自己否定をやめるには?みなさん自己肯定感ってありますか?自分の存在を肯定できる感情のことですね。自信を持つために大事な感情です。そして自己肯定感を手にするためには、まずは自己否定してしまう感情と向き合う必要があります。そのための対処法を現役高校生がわかるように解説していきます。...
人生の目的は苦しいだけの人生から解放されること。仏教が明らかにした「人生の目的」って知っていますか?なんで自殺しちゃいけないのか、なんのために生きるのか、生きる意味はなんなのか。そういう問題がわからないのは人生の目的を知らないからなんですね。逆に人生の目的さえわかれば、今この瞬間から人生が変わります。...
「死にたい?じゃあ死ねばいいじゃん」なんて正しいのか?みなさんは死にたいですか?時々そう思ってしまうこともあると思いますが、つらいときには自殺したくなってしまうこともあるかもしれません。そのときに踏みとどまれますか?確証はないですよね。そこで仏教の視点から、自殺するのは良いことなのか悪いことなのか語っていきます。...

追伸:無料プレゼントあります!

苦しいだけでむなしい人生を変えるヒントを無料のメール講座でも詳しく解説していて、今ならこのブログ経由限定で3300円の本も無料で手に入ります。

下のページから今すぐ読めるのでよければどうぞ↓


この記事のURLとタイトルをコピーする

  

関連記事